活気を生み出す  コスパが良い 優れたアピール のぼり設置場所の工夫 色の活用
SITEMAP のぼり旗定期的に替える シルク印刷との違い オリジナルのぼり旗を作る 注目を集める 訴求力
オーダーのぼりを作成して印象づける 簡単にのぼり旗を注文 費用面 風にはためくのぼりが多数立っている 使用上のルール 限定感を煽る 小さいサイズ ネットオーダー 暖色系を活かしたのぼり旗 寒色系を活かしたのぼり旗

暖色系の色を活かしたのぼり旗 


赤やオレンジといった暖色系のカラーを使用したデザインは、
のぼり旗に多くみられる色使いです。

まずのぼり旗と聴いてイメージするのもこうしたカラーの
のぼり旗ではないでしょうか。

暖色系ののぼり旗

目にも入りやすく、インパクトがあります。 また、賑やかな
雰囲気も演出してくれるのが暖色系です。

風にたなびくのぼり旗の特徴を考えても妥当な配色だと思います。
動いていても目に飛び込んできやすい。
また、白などに抜かれた文字とのコントラストがはっきりとします。
文字がより読みやすいのもこの配色です。

また、活動的なイメージの色なので、活気のある店内を
のぼり旗でも演出することができます。

暖色系といっても様々ですが、よりインパクトを求めるならば赤。
端的にイメージを伝えることができる色です。

一般的にセールや大安売りといったのぼり旗がこの色を使っているのはこのためです。

また、赤よりはソフトでありながら、目立たせることができるなら、
オレンジや黄色などがおすすめです。

太陽や夕陽、火はオレンジで表現されることが多く、暖かい印象を与えます。

青や緑などの寒色は静寂感を表現できるのに対し、赤や黄、オレンジなどの
暖色は躍動感を表現できます。

暖色には、人の気持ちを前向きにさせたり、食欲を増進させたりする
効果があります。

ファッションや絵画などで、しばしば差し色として使用されます。
単調な色彩の中で目を引くワンポイントとなり、全体的に奥行きを
出すことができます。

花束で使用すると場面によって印象が変わります。

晴れやかな場面ではより一層のにぎやかさを加える存在であり、
しめやかな場面では品格のある美しさを放つ存在となります。

マイナーカラーというイメージを持つ人もいますが、使用される頻度はとても高いです。

オレンジにも黄みがかったオレンジから、赤に近いものまで幅広い種類が存在します。
日の沈む瞬間、空が美しいグラデーションになりますよね。

暖かい色のイメージ

お店のイメージに合わせて暖色系の中から濃淡を選ぶといいでしょう。

暖色系の色自体に活発なイメージがあるので、パッと見たときの印象が
にぎわったような印象になります。

のぼりはそもそも活気のある印象も演出できるので、そういう意味でも
暖色系を使うことはお勧めです。

また、暖色系の色は進出色と言って前にあるように見えます。
つまり目に入ってきやすいということです。

このような色の持つ意味を考えて販促物などは作るのが効果的でしょう。

色彩検定を受けてみよう

身近にある色ですが、とても奥が深いのです。

例えば服でも、上下の色が合っていないと雰囲気が変わってきます。
また、注意を促す場合は赤を使って目立たせるなど、様々なところで
利用されているのです。

そんなカラーの魅力をもっと知りたいなら、色彩検定があります。

服飾やメイクを仕事にしている人、仕事のプレゼンで図面を作る時に
もっと分かりやすく配色を工夫したい人、自分に似合うファッションを
知りたい人など、身近に応用できる検定なのです。

スクールで勉強もできますが、テキストを購入して独学での勉強もできます。

基本をしっかり勉強し、過去の検定問題をしっかりしておくことで、
お金をかけずコンパクトに勉強できます。

色彩検定は、知っておくだけで自分を生かすことができる検定なのです。
具体的に色彩検定を持っている人だけの職業という感じではありません。

しかし、趣味にも、仕事にも生かせる検定で、色に興味がある人も
多いので人気の検定となっています。

カラーの調和だけでなく、印刷物での色の表現や光での色の表現。
目から入った色の認識方法など、内容は非常に多岐にわたります。

3級で色の基礎部分の内容で、2級、1級になるにつれ、インテリアや
ファッションでの色彩調和や人の心理に与える印象なども出てきます。

このあたりは日常生活にも生かすことができ、何となく印象で調和しているなと
感じるだけでなく、理屈がわかるようになるので面白いです。


最終更新日 2022年6月3日 のぼり旗旗で売れる店舗づくり