2次会の景品選び

チーム分け

二次会にはいろんなパターンがあります。ほんの数人だけで行うような
ものもあれば、100人近くの人数で行うような大規模なものもあるでしょう。

参加人数によって、盛り上げ方も変わってきますし、二次会の
内容自体も規模によってさまざまです。
景品を用意して二次会を行いたいのであれば、ゲームの方法も
よく考えるようにしましょう。

不可欠

小規模での会ならばさほど問題ないですが、大人数の二次会だと
一人一人が個人でゲームに参加するとなると、まとめるのは大変です。
そうでなくても乾杯や移動に時間がかかって、ゲストは退屈しがちです。

スムーズに進行するためにも、規模にあわせてチーム分けをして
出来るようなゲームを考える事です。

そしてその際には、初対面同士が集まったチームの状況でも
コミュニケーションがとりやすいような内容のゲームにすることで、
より楽しんでもらうこともできますし、結婚式の二次会の場合は
そこから新たな出会いとして、交際に発展するかもしれません。
あるいは、気の合う友達としての繋がりもできます。

とはいえチームでゲームに参加してもらうとなると、景品は
どのように準備すればいいのでしょうか。
チームでゲームに参加してもらうような場合は、あらかじめ
計画の段階で、チームメンバーで分けることが出来るような
景品を選ばなければなりません。

心配りが大切

例えば、商品券であれば、かならず人数分で割れるようにします。
飲み物などであっても人数分で割れる数にしておくことが不可欠です。
不公平がでたり、分けることが難しいような景品をもらっても
困るだけですので注意しましょう。

こういう場では、ゲストを極力わずらわせるようなことがないように、
幹事は心配りが大切です。

中古品 こども テレビ 図書カード 人気 高級 抽選 流れ

二次会の景品におすすめなもの (C)