活気を生み出す  コスパが良い 優れたアピール のぼり設置場所の工夫 色の活用
SITEMAP のぼり旗定期的に替える シルク印刷との違い オリジナルのぼり旗を作る 注目を集める 訴求力
オーダーのぼりを作成して印象づける 簡単にのぼり旗を注文 費用面 風にはためくのぼりが多数立っている 使用上のルール 限定感を煽る 小さいサイズ ネットオーダー 暖色系を活かしたのぼり旗 寒色系を活かしたのぼり旗 のぼり旗製作依頼のポイント

のぼりのデザインはどうやって決める? 


ここでは、のぼり旗のデザインをどうやって決めるかについて説明します。
現在ののぼりデザインはアプリがあるのでそれでデザインやフォントを作成して、
一つののぼりをオーダーします。自分のお店の写真をとって、大きめのフォントで
商品名「みそラーメン」「アイスクリーム」等を入力して完成させます。

文字の大きさは、商品名やサービス名は大きめのフォントでそれ以外の情報は
小さいフォントで表現することがポイントです。そうすることによって、
一番アピールしたい写真と文字が浮き上がってるように見えるので、
街中やクルマのドライバーからみ見やすくて何の商品なのかがすぐに分かります。

視認性が高いデザインのぼり

反対に写真がはっきりしなかったり、文字が小さいとお客に判別してもらえなくて、
あまり意味がありません。デザインに使用する写真は自分で用意してもいいですが、
最初から数万点の無料素材が用意されているのでそれを使用しても大丈夫です。

一番大切なのは、マーケティングの方でデザインを競うわけではないからです。

オーダーはデザインが出来上がったら、そのまま送信すれば業者が
のぼりを作成して郵送で送ってくれる仕組みです。これなら、お店を持たない人でも
試しに作ってみたくなるシステムですよね。

オーダーするときのサイズはどうする?デザインは?

のぼりのサイズは、長さ1,800mmと1,500mmの二種類があります。
幅はそれぞれ、600mmと450mmになります。

価格はどのサイズも基本的には同じ価格です。オーダー枚数が少ない程値段が高くなり、
300枚以上同時に頼むと翌営業日出荷の特急便でも配送料込みで1,000円以下となりお得です。

数枚だと約1,500円くらいかかり、お試しでデザインしてまずは実物を見てみたいという人は
こちらでオーダーするのがおすすめです。

他にも防炎加工や蛍光塗料を使った目立ちやすいデザインも選ぶ事ができます。
まさに、どんな用途にも対応できるのが最近のショップの利点です。

これもアプリでデザインできることにより、デザインとフォントの管理を
ユーザーにまかせることができるようになったためです。

アプリが使える

そのため、製造者は生地の管理と製造と発送を行えばよく効率的に業務を行う事ができます。

デザイナーも一人いれば足りると予想されます。本当に凝ったデザインにするには、
このようなデザイナーにお願いしたいですが、このサービスは自分でデザインしたものが
のぼり旗になるところがまた楽しいのも一つの利点です。

この記事やホームページを参考にぜひ、お気に入りののぼり旗を作ってみてくださいね。


最終更新日 2022年12月20日 のぼり旗旗で売れる店舗づくり